プロミスの契約方法

プロミスの契約方法は主にインターネット、来店、郵送といった種類が用意されています。それぞれの契約方法にメリットとデメリットがあるので、自分に適している方法を探して行きましょう。

プロミスの来店審査は自動契約機での手続きも含む店頭窓口での契約方法ですが、メリットは自動契約機といえどもモニターで社員が見ているので、プロミス社員の目の前で不明点を解決しながらスムーズに進める事ができる、契約直後にキャッシングカードが発行され渡されるので、郵送によるキャッシングカードの送付が無い、といった点が特徴です。

インターネットの場合ですと自分の身分証明書類を携帯のカメラ機能で撮影して画像化する必要がありますが、携帯のカメラ機能が付いていない、カメラを所持しておらず画像化するのが困難という人は、プロミスの来店契約ですと面倒な画像化不要で生の身分証明書類を提出すれば受理されます。

プロミスの来店審査のデメリットとは

デメリットなのですが、プロミスは大手であり超有名キャッシングサービスのためプロミスと大きく描かれている看板が掲げられている店舗への出入りを他人に見られると、プロミスに入ったからお金に困っているんだな、と目立ってしまう、知り合いにも見つかるといった可能性があります。

別に他人にお金の借り入れを知られても良いという人物もいますが、社会生活を平穏無事に送りたいので他人に知られたくない人に向けて、プロミスではインターネット契約が用意されています。

インターネット審査は店舗への出入りが全く不要であり、誰にも見られる事がありません。店舗へ出向くのが面倒だし交通費も掛けたくない、という人にも向いている無駄を完全に省いたスマートな方法です。

普段から趣味でインターネットを嗜んでいる、会社でパソコンを操作している、とパソコンの利用に慣れている人ならば、申し込みフォームも分かりやすいプロミスであれば不自由を感じずに契約が完了できます。

パソコンから、携帯電話から、スマートフォンからでも契約ができるので場所や時間を問わずして申込みができます。

来店は他人の目が気になるから嫌だ、パソコンも利用ができない、携帯のネットも利用できない、という人は少々時間は掛かってしまいますが郵送で契約をする事ができますので安心です。

郵送物のやりとりが必須となるために郵送に要する時間がどうしても掛かってしまいますし、本人確認書類を自腹でコピーして郵送しなければならず、少々手間も掛かってしまいますがデジタルな時代についていけない人でも郵送にてこうしてプロミスと契約をする事ができます。

プロミスの様々な返済方法

プロミスのフリーキャッシングでお金を借りたのであれば、返済をしなければなりません。プロミスの場合には、多種多様な返済の方法があるのがメリットです。

まず最も代表的かつ古典的な返済方法として挙げられるのが、プロミスの店舗に来店をして返済する方法です。ただし最近では、店舗の数が減っているので、この方法は徐々に使えなくなっています。

その代わりに最近急速に数を伸ばしているのが、プロミスのATMです。プロミスのATMが単独で存在するというのはあまりなく、多くは無人契約機とセットになっています。無人契約機があり、その億や反対側にプロミスのATMが陣取っているという場合が多いです。プロミスのATMで返済をすると、手数料は一切かかりません。

とはいえ、なかなかプロミスのATMは見つけられないものです。そんなときには、提携しているATMから返済をすることができます。ぱっと見ただけでは、そのATMがプロミスと提携しているのかどうか分かりません。そんなときには、プロミスのステッカーが貼っているかどうかを確認するのです。なお、提携ATMで返済をすると、返済に手数料が発生する場合があるので注意しましょう。

コンビニなどにはATMがありますが、それと似たような形をしているマルチメディア端末があります。ローソンやミニストップならばロッピー、ファミリーマートであればファミポートという名前です。コンビニATMだけでなく、こちらの端末を使っても返済でき、しかもうれしいことにプロミス返済に伴う手数料は0円です。コンビニATMでは手数料が発生しますので、注意してください。

自宅にいながらしてプロミスなら返済も出来る

これ以外の方法としては、まずは銀行振り込みです。銀行からプロミスの口座へ振込みをすることによって返済をすることができます。銀行口座を持っていない方には、非常に便利なサービスとなりますが、振り込み手数料はこちらの負担となりますので注意しましょう。

また、銀行口座を持っていれば、口座振替もすることができます。口座振替でしたら、返済日になればプロミス側が自動的に引き落としてくれます。これで返済をし忘れるということもありませんし、手数料もかかりません。

そしてインターネット時代ですので、パソコンやスマートフォンから返済をすることができます。大手メガバンクや大手インターネット専業銀行のインターネットバンキングであれば、すぐに使うことができます。

ちなみに、操作はプロミスのインターネット会員サービスから行いますので、あらかじめ登録をしておきましょう。